ハビティえんす日記

人生100年時代、習慣を科学し人生の主導権を取り戻す。

効果絶大!お金と不安との付き合い方

生きていく上で、お金が全てではないと思います。

 

でもお金にまつわる不安は、心身にも大きな影響を与えることを考えると、この問題を避けることは出来ないし、これについては別個のものとして、対応しなければならない項目だと言えます。

 

変化が激しい、現在の世の中で特に世帯主の不安は、計り知れないと思います。

 

将来に対する漠然とした不安は、このお金に関する部分も多大に影響していると思われます。

 

だから、やっぱりここを避けては通れないとすると、これがお金があるにせよ、ないにせよ、はっきり付き合い方を決めておく必要があります。

 

まず、全体像を把握する事が必要です。これは収入と毎月の支出(定期的なもの、不定期なもの)を明らかにすること。やはり、何にいくら使っているのかを知ることは、現状を理解する上で必要な作業です。

 

収支がマイナスになっているから悪い、プラスになっているから良いという単純な事ではなく、その現状を踏まえて、どうするかという対策を考えることが第1歩です。

 

収支がプラスになる状態を作る事が、第二ステップですが、まずはその計画をたてるだけでも、気持ちが変わります。

 

収支をプラスにするには、収入を増やすか、支出を減らすかですが、支出を減らす事だけに終始してしまうと、お金を使う事、お金が減る事に関して、必要以上に恐怖を覚えてしまいます。

 

まずは使う事と使わない事を、ハッキリさせる事

収入を増やす事はできないかを考える事

 

そして今すぐ、出来る事から始める、つまり日常に変化を起こす事が不安を減らす事に繋がるのです。

 

さあ動き始めましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

自己肯定感を爆上げする方法

人は褒められると純粋にうれしい気持ちになりますしテンションが上がります。

それは、自分の存在が他人に認知されている。そしてその行動が認められているという安心感と喜びを感じるからに他なりません。

 

人生は毎日の連続です。その中で、誰もが忙しく過ごしています。職場でも学校でも家庭の中ですら、なかなか他人の状況を常に気にしているわけにはいかないのが現状です。

 

だから、日常の中で他人が自分を褒めてくれるということは、そうそうあるわけではありません。

 

褒められた時の体に起こる変化は絶大です。気恥しい気持ちがある一方で、認められているという安心感と、褒められる存在なんだということで生まれる気力です。

 

これは日常の中で、行動に変化を呼び起こすきっかけになります。

 

この効果が絶大だという事がわかった一方で、実際に褒められるということは、日常ではなかなかないのが現状です。

 

では、日常にこの効果を活用して、気力を常に生み出す方法はないのでしょうか?

 

自分の行動を一番近くで見ているのは誰か?それは自分自身です。

 

だから日常においても自分が褒めてあげる状況をつくればいいのです。

何もないところで、自分の事を褒める事なんて出来ないという声が聞こえてきそうですが、これにはコツがあります。

 

何かする時に、いちいちタスク化するのです。

 

例えば、毎日いろいろな事をして過ごしていると思いますが、これをTo Doリスト化し、それが出来たら消し込むのです。

 

人間の脳は目の前にタスクが現れたら、不思議と消化せずにはいられないのです。

 

これはある意味ゲームのような感覚です。

 

どんな小さなことでもいいのです。

 

ゴミを出す

明日の予定を決める

週末の予定をたてる

散歩する

 

このTASK化→消化していくプロセスの中に、体を動かすTASKを入れると、効果は倍増します。

 

ちょっとした事が出来たという達成感が、自分を褒めるという行為に繋がり、結果的に自己肯定感があがり、毎日の日常の中に気力を生み出すというプラスのサイクルを生み出すのです。

 

自分自身で毎日このサイクルを作り出す事ができれば、波及効果は絶大で、日常の様々な局面でプラス効果を生み出すことができます。

 

 

さあ、新しい波を起こしていきましょう

 

 

 

イラっとした時に引きずらない対処方法は?その2

どんなに、理性的に対応しているつもりでも、自分の価値観と違うことが目の前で起こると、ついイラっとしてしまいます。言葉にしないまでも、頭の中で、なんでやねん、おかしいだろ!と思った瞬間、表情や態度にその反応が表れている筈です。

 

私自身も以前は、それは当たり前の事で、そもそも自分の判断が正しく、その基準に合わないことが起こると、苛立ちを感じることが日常生活においても結構ありました。

 

言葉を発しなければ、自分の頭の中だけで処理できるものだと考えていたが、それは間違いだということに気づきました。

 

頭の中で思い浮かんだ事は、その思いを完結させた時点で、口に出さなくても、言葉を発した時と同じ結果をもたらしているのです。

 

イラっとした事に対して、攻撃的な反応をすることはストレス防御の反応としては自然な事でありますが、外に向かう攻撃は、結局同じ量以上に自分に対する攻撃でもあり、自分のストレスを増加させる要因にもなっています。

 

だから、イライラをぶちまけてストレスを発散するというのは、同時に自分に対しストレスをぶつけているのと同じと言えます。

 

ではどのようにすると、イライラを受け流せるのかというと

 

「なんでこんな事をするんだ!   と思う人もいるよな・・・・」

「その対応はないだろ!   と思ったりする人もいるよな・・・・」

「その態度なんやねん!   と感じる人も世の中にはいるよな・・・」

 

という風に、言葉を付け加えるのです。自分ではなくて第三者がそう感じる人もいるよなという風に、頭で完結させると、自分がイラっとした事にならず、不思議と受け流せることが増えたような気がします。

 

そんな事を思っちゃダメとすると、逆にストレスがたまってしまうのですが、一旦心に浮かんだ思いを素直に受け入れた上で、第三者的に受け流す事を覚えると、何か自分の事ではなく処理できていることが多くなったような気がします。

 

是非試してみて下さい。

 

 

 

人生の新たなる節目の習慣

2月14日(水) バレンタインデー 今日は妻からチョコレートをもらいました! 本当にありがとう! やっぱりこれが一番ですね!

 

先週人事異動が発令され、かなり遠方の勤務地に赴任することとなりました。話をきいた時は本当にびっくりしたのですが、すぐに、これも人生、変化のチャンスと思うようにしたら、不思議と楽しみも出てきました。

 

将来のチャレンジにむけて、準備を続けている中で、これもまた一つの出会いのきっかけと考えると、これはこれで新しい変化を期待できるようになったのは、昨年1年間での変化かなと思えます。

 

1年後、3年後、5年後の自分を具体的にイメージしながら、そこにむかっていく覚悟を固めています。

 

必ず、目的地にたどり着くという信念で、日々新しい旅に刺激を味わっていきたいと思います!

 

 

マインドフルネスの習慣

2月7日(水) 週の真ん中水曜日! 

 

2024年は劇的な事がたくさん起こっています。それは自分にとっても同じです。以前ならかなり自分自身に影響を及ぼしたであろう事象も今は、受け入れて処理して、次への行動へと繋げています。

 

とにかく、人生は今の連続だという認識のもとに、今目の前にあることを淡々いや、速やかに、全力であたることだけに集中する。

 

これだけで処理できる量が桁違いに進むことが認識できました。結局、どうしようとか、焦ったり、心配したり、思い悩んだりする、時間は結局思考停止に陥って、何も進んでいないということが大半であることがわかった。

 

ただ、やる事を決めて、処理する。これを繰り返す事が日常なのだ。

 

それは、簡単な事ではない。

 

でも、難しい事でも、どうするかを考えることを実行するという事なら、実行できる。

 

とにかく、何か動きがあれば、人は精神的に落ち着くものだ。

 

明後日、人生で大きな事が発表される予定です。

 

でもこれもまた新たな展開と思って、淡々とあたろうと決めました。

 

人生1回きり、もう腹はくくりました!

 

さあ、また目の前の事に集中していきましょう!

 

 

 

 

 

AIと格闘する習慣

2月4日(日) 2月最初の週末で今日は本格的に体を動かしました!

 

コロナで体がなまっているかなと思いましたが、そこはそれ、対人競技で1対1で対峙すると必然的に闘争本能がわいてきて体が動くから不思議です。

 

全国トップの方々と思いっきり、対戦して本当に気持ちのいい汗をかくことができました。また一つ自信ができました。

 

ChatGptが普及してからはや1年近くたっています。便利さは認識しているものの、個人としてまだ全体の能力の1割も使えていないような気がしていました。

 

でも新しい機能が加わって、激熱になってきたように感じます。

これを必ず自分なりに完成させて、将来のビジネスに役立てるということを今年の目標の一つに加えることを本日宣言します!

 

またいい使い方ができたら紹介したいと思います!!